日本軍の侵略に戸惑う高宗に安驥泳は、大院君を呼ぶよう話す。大院君も今の状況を打破できるのは自分だけであり、高宗が頼るものだと思っている。しかし高宗は興寅君に相談し、興寅君の指示の元、議論が交わされる。意見は一向にまとまらず、しかもなぜか高宗は、明成皇后に助言を受けようとしない。
明成皇后は相手の真意が分からないまま断るのは愚かな行為だとし、日本の真意が何か突き止めるよう指示し、高宗もそれを認めた。
日本との交渉が行われていることを知った大院君は、高宗を息子ではないと怒り…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001