日本との修交で朝鮮王朝初めての新式軍隊"別技軍"が結成される。 五衛営からの志望者80名から編成され、その教官は日本公使館の少尉だった。
王宮内で遊ぶ世子たちを見て、高宗と明成皇后は世子の婚礼の儀をしようと話す。明成皇后は雲ヒョン宮の祝福を受けさせたいと言うが、高宗は大院君との件があり快く思わない。
高宗の愛を独占したいチャン尚宮だが、新しくチョン内人が寵愛を受けていると知ると、高宗を奪われまいと策を練る。
一方、日本を追い出し規律を正そうという、謀反の影が姿を現し始め…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001