清は、日本との円滑な交渉のためには大院君が退くべきだと主張する。これに対し大院君は、自分は朝廷の決定に従うことにする。すると彼に集まっていた大臣たちは、責任を全て大院君になすりつけようとする。
もし大院君に罪を問うようなことがあれば、高宗は取り返しのつかない不孝を働くことになるとし、明成皇后はそれを防ごうと高宗に手紙を書く。だがその間に高宗は、清の使いである馬建忠の、「大院君を雲ヒョン宮に戻せば罪は問わない」という言葉を信じ…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001