雲ヒョン宮を訪れた馬建忠は、「清軍が出兵したのは日本を警戒したためだ。安心していい」と大院君に話す。「日本が何度も退けば清も撤退するのか」と何度も確認を取る大院君に、「日本が退けば清も退く」と約束し、そして大院君を宴に誘う馬建忠。
一方、何も知らない高宗は、大院君が自ら退いたから王妃も戻るだろうと喜ぶ。そんな高宗を前に、大院君の拉致事件を伝えられない閔台鎬だが、結局事件を知らせる。これに対し怒りを表す高宗。馬建忠と清の宿所に向かった大院君は…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001