王室内の和解だけが袁世凱の陰謀を防げると判断した金弘集は、大院君と高宗の和解のために、大院君の元を訪れる。大院君は大王大妃のお見舞いを口実に、府大夫人とともに王宮へ向かう。大院君、大王大妃、明成皇后の間には壁があるものの、今の難局を打破するには和解しかないと考え、お互いに心を開く。そして高宗は雲ヒョン宮を訪ね、大院君と一晩を共に過ごす。
大院君の孫を王にしようとする袁世凱の作戦が失敗に終わると、外交の責任を取らせようと、メンドルフの代わりにデニーは外交顧問にし…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001