閔泳翊と閔応植の処分を巡って争う大院君と明成皇后。閔氏一族に向けられた過酷な粛清に明成皇后は悲しみを表し、大院君はそうすることで王妃に被害が及ばないと話す。結局、閔応植は都を離れ、閔泳翊は海外に送ることで大院君と明成皇后はお互いに妥協する。
一方、日清戦争を起こして海戦で勝利を収めた日本は、朝鮮内にいる清を一掃しようと公式に宣戦布告する。金弘集から強力を得た日本は、軍国機務処の新設案を朝鮮政府に提出するが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001