金弘集を領相とした軍国機務処が誕生し、日本はこれを通じて朝鮮の内政に干渉しようとする。さらには明成皇后と大院君を仲たがいさせようとするが、日本の動向を予測した二人は逆に日本を利用する。一方、日本を退けようとする大院君は清に助けを求め、東学党に手紙を送る。
ようやく手を取り日本に対抗しようとする大院君と明成皇后。しかし彼らの間に亀裂を生んだのは李埈鎔だった。日本が李埈鎔を王にしようとすることに、大院君と明成皇后は敏感に反応し…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001