明成皇后に渡したお金が別のことに使われていると悟った井上は、雲ヒョン宮の者が上海に行っていることに目をつけ、密偵を送る。一方、上海へ向かった穆麟徳と雲ヒョン宮の者たちは、新式の武器を買うため八方に散る。これを始めに、明成皇后は西洋の外交官との社交クラブなどを作るなど、反日政策を行い始める。明成皇后の意を知った井上は、対朝鮮政策を再検討するため日本に戻る。
文治的政策では朝鮮を手に入れることは難しいと判断した伊藤博文は、軍人出身の三浦を新たな公使とし…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001