三浦から贈られた茶碗で、明成皇后のお茶を飲み倒れた大院君。周囲の人間は茶碗に毒が塗られていたことに気づかず、明成皇后のお茶に毒が盛られていたと思い込む。ミチコは大院君の茶碗に塗られた毒が何かを調べるため調査を孫鐸にお願いし、それがフグの毒だと分かるや否や、明成皇后に伝える。一方、明成皇后を亡き者にするには大院君が必要だと三浦に念を押す岡本。
大院君の意識が回復し、明成皇后は雲ヒョン宮へと向かうが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001