高宗が義和君とチャン尚宮に家や官職を与えようとすることに対し、明成皇后は反対せずとも、心の奥底では悲しんでいた。世子と義和君が比べられることが分かっていたからだ。国母として耐えるべきだが、女として覚える嫉妬や恨みをホン尚宮に打ち明ける。
大院君は政事から退くことを表明しようと、孔徳里の別荘に移る。そこで余生を過ごすためでもあった。
日本から戻った三浦に高宗は、約束の日になったから軍を撤退することを要求するが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001