守備隊は罪を着せる対象である大院君と訓練隊を見張り、浪人たちは明成皇后を探そうと王宮を荒らし始める。洪啓薫たち守衛たちが防ごうとするが、無残にもやられてしまう。目をむき出しにして明成皇后の居所を探る浪人は、世子の頭をつかんでは振り、世子妃をけなすなどの横暴も厭わない。
明成皇后のいる坤寧閤に倭人が向かっているため、壬午軍乱のときのように逃げることを要求するホン尚宮だが、逆に大礼服を着て浪人を待ち受ける明成皇后。そんな明成皇后の姿にとまどう浪人だが、自分たちの野望のため、朝鮮の国母を殺し…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001