ソリンに励まされ、ボッキュは父の遺産である「プンニョンマンション」201号室に引っ越す。この古ぼけたアパートの住人たちは、ボッキュを避けようとしているようだ。しかし、202号室の住人テチョンがこっそりボッキュに話しかけてくる。「君の父親は、自殺ではなく殺されたのではという噂がある」と。怪しい「解決屋」の仕事をしているテチョンの言葉にもかかわらず、ボッキュは目撃者である301号室のチェさんの病院を訪ねると…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001