500億の金塊を息子のために遺していたボッキュの父。その死はますます怪しいと思われたその頃。老夫婦の夫は、ボッキュの父と共犯だった過去を持つ男だった。そんな時、キム弁護士はボッキュに父の死とそれにまつわる事件を語る。幼かったボッキュにははっきりとした記憶がないのだが、自分は間もなく500億ウォンという膨大な資産を手にするかもしれないという話に茫然とする。遂にボッキュが30歳の誕生日。遂に第2の遺言状を見る日…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001