国巫の予言に意気揚々とするユン・デヒョンの一派。ボギョンを交泰殿の主人にするため動き始める。世子嬪選びを控え、フォンはヨヌに処女単子を出すよう気持ちを伝える一方で、ユン・デヒョンと大妃ユン氏の計略に気づき、成祖に世子嬪の内定を撤回し、公正に選んでほしいと直訴する。ヨムに向けた恋心を深めていくミナ公主は、ついに成祖にヨムと結婚したいと申し出る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001