ヨヌは別宮の隠月閣に留まり、世子嬪として習儀を行う。そんなヨヌをいとおしいまなざしで見守り応援するフォン。一方、大妃ユン氏にヨヌの始末を命じられた国巫ノギョンは葛藤の末、ヨヌに呪術をかける。その夜、ヨヌは原因不明の病にかかってしまう。病人を宮中に置くべきではないというユン・デヒョン一派の上奏で宮殿から追い出されることになったヨヌは…
※習儀…国の儀式のため前もって練習しておくこと

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001