陽明君は康寧殿に向かうウォルを引き止め、ウォルの正体を突き止めようとする。そこへノギョンが現れ、これ以上ウォルと縁を結んではならないと忠告するが、陽明君は引き下がらない。康寧殿に行ったウォルはフォンの矢継ぎ早の質問に対し、自分はヨヌではないと涙を流す。一方、ノギョンは星宿庁の掟を破ったチャンシルを宮殿から追い出してしまう。それを見ていたウォルにチャンシルは一緒に星宿庁を出ようと言うが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001