ウンチャンがソンミンに麻薬を渡している現場を目撃したシヌ。
誤解したシヌはウンチャンを指名手配する。逃亡者となったウンチャンは、シヌに対する一抹の愛情すら捨てることを決心する。ソンミンは、ウンチャンを通じて手に入れた麻薬を日本の組織に売り渡そうとしていた。
大量の麻薬が取り引きされるとにらんだシヌは、決定的現場を押さえるための妙案を思いつく。
それは、ウンチャンのふりをしてソンミンに接近することだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001