ある水曜日の午後、教授室から1発の銃声が響き渡る。死亡したのは警察大学の犯罪学教授カン・ユング。状況から見て自殺が有力であったが、他殺の可能性を考えて捜査を進めていたチーフは1冊の本が事件と関係があることに気が付く。そんな中、別の殺人事件が発生。捜査を進めた結果、教授が刑事のころに担当した事件の再現であることが分かる。また犯人の意図はその過去の事件が、でっちあげの冤罪だと示すことであると分かり…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001