#6

 
本部長として入社したジェヒは、一緒に働きながら自然にミドと親しくなっていく。まだ気があることをうかがわせるものの、ミドは気のない反応をするばかり。一方、テサンの母親ホンジャを訪ねたペチュはテサンの近況を伝え、連絡を取るよう勧めるが、ホンジャは断固として拒絶する。またカップルリングを用意してミドをデートに誘ったテサンは、彼が17歳のころまで住んでいた家へと連れていく。テサンはその帰りにミドに指輪を渡そうとするが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001