#9

 
テサンはミドを初めて自宅に招待するが、そこに忘れ物をしたソンジュが訪ねてくる。それを目の当たりにして不信感を抱くミドをテサンは懸命になだめる。帰宅したミドは書店の前でジェヒを見つけ、プレゼントと黒板の文字に笑みを浮かべる。一方、別の日にジェヒの指示で芸術監督の講演を聞きに出かけたミドは、帰りのバスに手帳を置き忘れてしまう。慌てたミドはテサンと別れたあとに1人で車庫に出向き、真っ暗なバスの中を捜し回るが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001