#10

 
ミドは手帳を見つけてくれたジェヒに感謝を伝える。またジェヒはコーヒーを飲みながら社長の右腕が自身の兄であり、テサンを救うために前科者になったことをミドに告げる。そんなある日、ミドの元に電話がかかってくる。それが以前、履歴書を出した会社からだと聞きジェヒは面接に行けるよう協力をする。ミドはテサンにロンドン勤務の話があり行きたい旨を伝えるのだが、突然の話に当惑したテサンは時間が欲しいと答えることしかできずにいた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001