#13

 
ハウンが毒薬を飲もうとしたその時、農民が武官たちに襲いかかる。地方官たちの搾取に耐えかねた農民が蜂起したのだ。ビョンヒは討伐軍を送り、現地でギョンタクに指揮を執らせるよう命ずる。ヨンフィのいる寺を訪ねようと晋州のある村を通っていたヨンレは、民に乱暴を働く地方官を目撃。その後偶然通りかかったジン・ヒョクと共に寺を目指すが、山中で先ほどの地方官が倒れているのを発見する。農民に襲われたのだ。
手術するというヒョクに、「助けるべきではない」と反対するヨンレだが、農民たちが手術を行う小屋に押しかけると、体を張って死守する。だがヨンレとヒョクも、地方官とともに農民に連れていかれてしまう。着いた先にはなんとヨンフィがいた。ヨンフィは反乱の指導者となっていたのだ。一緒に帰ろうとヨンレは言うが、ヨンフィは聞かない。ヒョクは反乱の様子を見て、自分が習った歴史とは違っていることに気づく。そして、自分が歴史を変えてしまったのではないかという考えに行きつく。
ついに討伐軍との戦いが始まる。ヨンフィはギョンタクに追い詰められるが、ギョンタクは殺さず去ろうとする。しかしその時、ヨンフィは地方官に撃たれ崖から落ちてしまう。悲しみに暮れるギョンタクとヨンレだった。王様を守るためにジン・ヒョクを内医院で働かせようと画策するハウン。そのためにビョンオクの弱みを握り、ビョンヒたちを説得させることに成功。ヒョクも、歴史のねじれを戻せるのならと、内医院へ行くことを決意する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001