名門大の教授を夫に持つギョンファは、幼稚園の母親たちの間では情報通として知られていた。英語、数学、国語など、江南で今最も人気のある講師たちの情報に詳しいからだ。地味な服装のギョンファを見下していたミボクは、ギョンファが優秀なハジンの母親であることを知って喜ぶのだった。ある日、ギョンファは、夜遅くまで塾に通って疲れ切ったハジンをおぶって帰ろうとして、「ヒマワリ組のお母さんですね」と声をかけられる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001