#6

 
ダヘはペク会長に課長として特別採用され、ドギョンと共に乗馬レジャータウンの担当となる。現地に赴いたダヘはペンションの予定地が養父を埋めた場所だと知り驚き、何とかこれを阻止しようと計画を練る。そうとは知らないドギョンは乗馬レジャータウンで飼う馬を見に行くが、試乗した馬が急に暴れ出し、たまたまその場に居合わせたハリュが馬を落ち着かせる。ドフンは何かとダヘの肩を持ち、ことあるごとにドギョンと衝突するようになる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001