#13

 
ハリュは葬儀に来てくれたお礼だと言い、ドフンとドギョン、ダヘと一緒に食事をする。弟の事件について尋ねるドフンにハリュは、未解決のまま終わりそうだが、自分は諦めずに引き続き調べると答えてダヘを揺さぶる。ドフンから新しく成立するペクハク財団の顧問弁護士を依頼されたハリュは快く引き受けるが、弁護士の知識がないためスジョンに助けを求める。ペクハク財団に潜り込めそうなハリュはアンシムとテクペの力を借り、ついに本格的にダヘへの復讐のために動きだす。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001