#14

 
ハリュを排除したいダヘは、ペク会長にペクハク財団の理事長になりたいと食い下がり、ますますドギョンと対立する。ジミからの助言を得たダヘはソク・テイル前ソウル市長を訪ね、大統領になるために自分を利用しろと持ちかける。一方、スジョンと一緒に父親の誕生日を祝ったハリュは、結婚しないのかと父に言われ返す言葉が見つからない。一方で自分を訪ねてきたテクペがダヘと話してるのを見たドフンに、少しずつダヘへの疑惑が生まれていき…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001