#19

 
ソク・テイルの選挙参謀になったダヘは、ペクハクグループと関連のある人たちの弱点を利用してソク・テイル後援会に引き込み、テイルの選挙に力を添えてもらうよう画策する。一方、ダヘのアリバイが偽装だと確信するハリュはサムド、テクペと共に地道に調査を続ける。ハリュの執念に刑事も動きだし、追い詰められてきたヤンホンは、ダヘにもうやめて自首しようと言うが、ダヘはもう少し頑張ろうとヤンホンを説得する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001