#24

 
ダヘに撃たれたハリュは病院に運ばれる。命に別状はないものの、ダヘの指示でテクペやアンシムも面会ができない状態になる。一方、チャン特別検事は家宅捜索中に銃が発砲された経緯をダヘに尋ねるが、ダヘは捜索中の誤射だと主張する。これに対しチャン検事はハリュのおかげで不正の証拠は全部揃ったので、ハリュが回復しだいダヘを起訴すると告げる。焦るダヘのもとにハリュが病院から姿を消したとの連絡が入り、ダヘは青瓦台を抜け出し、貧民街の昔の家に向かう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001