全てのカギを握る重要な証拠であるデジカメが、遂にテサンの手に収まる。しかしまたもキム先生の襲撃に遭いデジカメを失ってしまう。イネが体を張ってデジカメを守ろうとする姿を見たスンウは、更に困惑する。ジェギョンはテサンを自分の家に連れていき、今後の事件解決に向けて共闘することになるが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001