ハンウが工場側と交渉を始めるや、会長は工場に入り警察にデモの参加者を連行させる。ユ・バンが捕まったこともあり会社の食事会で元気のないヨチから目が離せないハンウ。その姿を見たウヒは嫉妬心に駆られてしまう。そして酒に酔い研究所に戻りたがるウヒに対し、ハンウは自分の秘書になるよう提案する。一方、祖父の視力が喪失したことを知ったヨチは悲しみと不安にさいなまれるが、ハンウに後継者教育を受けることを決意する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001