ファクスで怪文書を受け取ったモ・ガビは、その後のユ・バンの追及にも動揺せずに乗り越える。だがモ・ガビは内部に裏切り者がいることを疑い、ハンウを味方にするための画策をする。倒れたヨチを病院に運んだハンウは哀れみの感情を抱くのだが、そんな姿を目撃したウヒは愛情だと勘違いして気持ちの整理を決心してしまう。またハンウが会社を去ろうとするや、モ・ガビは自分がハンリャンの恋人だったと告白して2人は協力することになる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001