モ・ガビに手を貸すことが気に入らないウヒに対して、ハンウはモ・ガビがハンリャンの恋人だったと告げる。しかしウヒは嘘に違いないと考え事実を探ろうと決意する。モ・ガビの公判が始まり会社が危機に直面するや、ハンウはボムジュンに助けを求める。しかしボムジュンは封筒を渡すのみだった。一方、ハン・シンを通じてハンウ側の情報を探ったユ・バンはモ・ガビの秘書を証人に立てるが、全てが仕組まれていることに気付き…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001