#6

 
ジュノは、数日ぶりに現れたスンシンに、自分の名刺を渡して役者にならないかと言い、スンシンはジュノの名刺を見ながら涙をこぼす。ジョンエは、チャンフンのいない寂しさを紛らわすために、家事に没頭する。チャヌは、ユシンに飲み友達が必要な時はいつでも連絡していいと伝えるのだが、ユシンはチャヌとだけは飲まないと断る。一方、チャンフンが事故に遭った道路を通りかかったミリョンは、目撃情報を求む横断幕を見て不安に陥る。そして自分が弱っている時に、なついてくれるヨナに親密感を抱く。ドンヒョクには内緒で帰国したイジョンは、家にいるところをドンヒョクに見つかってしまい、パジャマ姿のままジュノの会社へ逃げてしまう。そんな中、離婚したことを隠したまま仕事を探すヘシンは、死んだチャンフンの携帯にパン屋からメールが来たことに気づき、パン屋を訪れる。ジヌクはケーキを取りに来たヘシンに、ケーキを注文したまま何日も連絡を無視したチャンフンへの不満をぶつけてしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001