#8

 
借金の返済のためにジョンエが掃除の仕事を始めたことを知ったスンシンは、ジュノに契約を申し出る。ジュノはスンシンに1200万ウォンの契約金を提示する。金額が多すぎると思ったスンシンは、契約金はレストランでバイトして返すと言う。酔ってチャヌと一夜を共にしてしまったユシンは、部下たちに友達の話だと言って、どうしたらいいか相談するのだが、部下たちは友達関係も終わりだと言う。一方、ドンヒョクに意味深な言葉を言われたミリョンは、ドンヒョクに何の話か確かめに行くのだが、ドンヒョクは、チャンフンが死ぬ前にミリョンと一緒にいたことを知っていた。そんな中、ユシンと一夜を共に過ごしたチャヌは、ユシンに責任を取るから結婚しようと言う。そして、ヨナを見返すためにスンシンと契約したジュノは、会社の総力をあげて、スンシンを半年以内にデビューさせようとする。スンシンは、ジュノからの契約金をレストランから1年分の給料を前払いしてもらったとウソをついてジョンエに渡し・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001