#15

 
スンシンが役者になることを母親に反対されていると聞いたミリョンは、スンシンのためにジョンエに会う。プライドを傷つけられたミリョンは、ジョンエを見返してやるために、スンシンがオーディションを受ける監督と取り引きをする。一方、恋愛経験がないスンシンは、いくら稽古を重ねても感情をうまく表現できずに悩む。チャヌは友達として、と言いながらユシンと映画を見に行くのだが、恋人同士が見るような映画を選んだチャヌに、ユシンは腹を立て、チャヌはユシンに諦められないと打ち明ける。チャンフンに、イ・スンシンという娘がいることを知ったイルドは、スンシンを訪ねて行き、スンシンがチャンフンの娘であることを知る。ユシンがチャヌに告白されたことに気づいたスンシンは、片思いの失恋が演技に生かされ、ミリョンやジュノに褒められる。そして、オーディションの日を迎え、スンシンはジュノと会場へ向かうのだが・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001