ヘソンの家に不審な電話がかかるようになり、番号を調べたスハはジュングクが公衆電話からかけたものだと気付く。ヘソンは念のためにスハのマンションへ移り住むが、今度はスハの部屋や弁護士事務所に新聞記事のコピーが送り付けられるようになる。一方タルジュンとの親子関係を明かされたドヨンは、彼の裁判で動揺するものの、検事としての役目を毅然と果たそうとする。しかしついに耐え切れなくなった彼女は、ヘソンに無罪を勝ち取ってほしいと懇願し…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001