ヘソンの最終弁論が陪審員の心を動かし、結果的にドヨンの望みどおりタルジュンは救われることに。養子の件の詳細を知ったドヨンの母親は彼女を連れて実家に帰ってしまうが、父デソクは自分の過ちを認めようとしない。一方、勝訴に喜ぶヘソンの姿を見て、自らの過去と悔やみ、無力さに落ち込むサンドク。それを見たグァヌは彼を必死に慰める。そんな中ヘソンが行方不明になり、やっとつながった電話の向こうからはジュングクの声が…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001