#8

 
警護官としての自信を失ったテギョンは、チャヨンに辞表を託す。自分の父親にヤンジン里事件の真相を伝えたのは、北朝鮮のリ・チョルギュ少佐(チャン・ドンジク)だったということが判明した直後、テギョンは処刑されたはずのリ少佐と遭遇する。一方、大統領は特別記者会見を開くことを決め、リ少佐を証人として招へいした。その動きを察知したキム会長は、リ少佐の記者会見への出席を阻止すべく動き出すが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001