ギジュンとの交際を思い悩むユンジュは、距離を置くため実家に戻る決心をする。スジンはユンジュの元を訪ね、ソンジュンとの見合い話を破談に追い込んだのは自分だったことを告白し、この事実を黙っていてほしいと泣いてひざまづく。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001