ヘリンとソンジュンをレストランで目撃したスジンは、嫉妬のあまりヘリンに平手打ちをする。ヘリンはスジンの言動に呆れつつも、苦しむソンジュンに寄り添いたいと次第に思うようになる。そしてヘリンはソンジュンに告白するが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001