スジンの子どもが生まれたと聞いてヘリンはソンジュンを気遣うが、複雑な思いを巡らすソンジュンはヘリンを冷たく突き放す。その頃、無事に退院したスジンは息子のジンソと共に自宅に帰り、家族や下宿人たちに温かく迎え入れられる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001