#13

 
ワンに抱きつかれたところを、テユンに見られてしまったジュヨン。ワンとの同居をやめるようテユンに促されるが、なぜか気が乗らない。テユンとつきあいながらも、自分の中でワンの存在が大きくなっていることを実感するジュヨン。そんなある夜、電話でテユンに呼び出されたジュヨンは、自分とテユンのどちらを選ぶのかワンに迫られ…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001