#12

 
事故で記憶を失う前、チュニにプロポーズするために注文しておいたネックレスを取りに行ったジュニョン。しかしそこに刻まれた"MJ"と、恋人のはずのスインがどうしてもつながらない。そんな時ジュニョンは、後輩のヒョヨルから自分がチュニのマネージャーをしていたという事実を知らされる。それに納得できないジュニョンはチュニのもとを訪ねて真実を問うが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001