ソンハはサンシクから気持ちを打ち明けられると共に、自分の企画案が通ったことを知らされる。戸惑いを抱えたまま帰宅したソンハは、ソンギュが家事について不満をぶちまけ大激怒。2人は言い争ううちに隣の夫婦と比較して互いを非難し合い、「離婚」という言葉を口にしてしまう。内部情報をソンハが勤めるBM社に流したとヤン常務に責められたサンシクは監査対象であることを告げられ、ソンハもまたチョン理事から監査の件を聞かされショックを受ける。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001