20年前にソンギュに好意を寄せていた万年筆の贈り主をマンションで見かけたと友人であり義弟でもあるソンジャンに言われたソンハ。ひどく動揺するソンハは、記憶を巡らせるうちにギョンジュが元看護師だったことを思い出す。さらにソンギュからも万年筆の件を事細かに聞かれたソンハは取り乱して怒り出してしまう。そんな中、ソンハやサンシクから懇願されたソンギュは、悩んだ末にJN製薬の納入に反対する態度を改め、サンシクは処分を免れる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001