#7

 
すがるような思いでソンジェを呼び出し、車を運転させて助手席で休むヘウォン。痛々しいヘウォンを見て心を痛めたソンジェは、ホテルの部屋を取ろうとする。しかし我に返ったヘウォンはソンジェを置き去りにして帰ってしまう。家に帰ったヘウォンは、ジュニョンの冷たい態度に思わず言葉を荒げ、口げんかをしてしまう。翌日、何もなかったかのように出勤したヘウォンが理事長室に行ってみると、思いがけない難題が待ち受けていた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001