#11

 
セナを追ったヒョヌクは自分の気持ちに素直になり、彼女を抱きよせる。その日がヒョヌクの誕生日だと知ったセナは、ささやかなお祝いをし、最後にキスをプレゼントする。そして、ヒョヌクはヘユンに気持ちを受け取れないことを伝え、セナを好きだということを認める。一方、セナはシウの曲を作るため、彼の素顔を知ろうと密着することに。ヘユンは酔った勢いで、ジョヨンにセナがソウンの妹であることを話してしまったことを思い出し…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001