#14

 
マルスクはビンナに、ヨンドゥを外国人学校へ入れるためにテシクと偽装離婚をするように勧めるが、ビンナは受け入れない。一方でマルスクはテヨンをテリに紹介するため、ユン社長とテリを自宅での食事に招く。マルスクはスノクに電話し、人手が足りないから料理を手伝いに来るよう依頼する。スノクは体調が悪いながらも手伝っていたが、キッチンで倒れてしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001