#17

 
ハジュンはビンナが調理場でバイトを始めたことを知る。弁償する陶磁器代を稼ぐために働いていると言うビンナに、ハジュンはお金は要らないから辞めろと言う。一方でユンナは交際相手から別れを告げられ、お金を渡される。何でもお金で解決しようとする人間のせいで父親が悔しい思いをしたことを思い出し、ユンナはテリへの復しゅうを決意する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001