#19

 
ビンナはビュッフェのキッチンで、偽名で調理補助として勤務しに来たハジュンと顔を合わせる。お金は要らないから今すぐ辞めろと言うハジュンに、ビンナは見えを張らずに生活資金を貯めろと逆に説教をする。一方でマルスクは、「ビンナを離婚させる作戦」プロジェクトを開始する。マルスクはビンナを食事に誘い出し、手が滑ったと言ってビンナの頭の上に料理をこぼすのだが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001